ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【内閣支持率回復】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている?

<<   作成日時 : 2017/08/05 04:54   >>

トラックバック 1 / コメント 0

【内閣改造】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている?」について

 一夜明けて、内閣改造効果の支持率上昇に、正直、ほっと胸をなでおろしている。国益を忘れた、権力亡者や権益亡者どもの倒閣運動に、かくも易々と国民が熱狂して乗せられてしまう民主主義って呼ぶ政治システムに、これでいいのかなぁ〜っていう疑問がわくと同時に、それとは正反対の、約一年前からの一連の皇室問題を思い起こしている。
 陛下のビデオメッセージで引き起こされた"ご譲位問題"は、平和憲法との関係を吟味すれば、疑問の多いものだった。天皇の地位は主権者としての国民の総意によるし、その行為は内閣の助言が必要なのに、左翼野党からもそういった批判はなかった。都合よく解釈したり、宣伝する発言はあったのだが、国民全体の総意とでも呼ぶようなものが「法律はともかく、陛下の願いは年老いた父親の願いとおなじような気持ちで聞いて、かなえてあげたい」というあたたかい総意をつくりあげて、政治家や運動家の批判を封じてしまっていた。
 安倍批判への支持率復元現象は、いくつか重なった不祥事にもかかわらず批判が抑制された現象であり、ご譲位問題は民意が憲法違反を犯した現象なんだが、ここから解かってくるのは民主主義の諸原則を、こうまで、いとも易々と乗り越えてしまう民族性である。民主主義って、意外と底の浅い、もろいものかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【憲法改正は頓挫】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている?
「【内閣支持率回復】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている?」について  安倍晋三に期待されている歴史的役割とは、言うまでもなく憲法改正だ。岸信介、中曽根康弘、石原慎太郎など、幾多の自民党の諸先輩が果たせなかった偉業に箸をつけるだけでもやらなければ、安倍晋三の人生はないも同然だ。  来年の総選挙前に…衆参両院の2/3議席のある間に、憲法改正を発議して国民投票に持ち込みたい。あるいは、それができない状況になっても、任期を3年間延長して、万全の体制を築いて憲法改正に突破口を開くのが、... ...続きを見る
ごあいさつ
2017/08/13 04:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【内閣支持率回復】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている? ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる