ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【軽井沢バス事故】 焼け太りする官僚組織

<<   作成日時 : 2016/01/20 06:15   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 これは、カレーチェーン店「CoCo壱番屋」が廃棄した冷凍カツが横流しされた事件もおなじなんだが、事件や事故が起きて、再発防止が話題になると結論は“規制強化”でまるくおさまる。メディアの報道はそこまでで、人のうわさも75日で世間の記憶からは消滅するんだが、そこからが、お役人たちの出番で、規制強化の結論を引っ提げて、まず法律をつくったり改正をする。強化されるのは規制よりも、お役所の組織と予算だ。
 予算と組織を分捕るんだが、仕事と責任は回避したいから、検査や監査を下請けする民間団体や資格制度をつくる。資格試験を実施する民間団体もつくる。天下りポストができるから幹部に定年した役人を派遣する。こうしてできた業界組織を票田にして政治家に売り込む。
 こうして、つぎの事件や事故が起きるのを寝て待つ。起きれば、それが組織拡大のチャンスになる。起きなければ永久に安眠できる。バス事故では旅行業界、運行業界、自動車産業が漁場にされ、冷凍カツ事件では食品製造、流通業界、スーパー、調理師団体が喰いものにされる。
 一千兆円の国の借金がさらに膨らむ仕組みが、こうして保たれている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【軽井沢バス事故】 この話題は「政治の怠慢」にたどりつく。
「【軽井沢バス事故】 焼け太りする官僚組織」について  この話題は「政治の怠慢」にたどりつく。行政が政治のリーダーシップに統制されていて、法律や政策の範囲内で活動していれば、官僚の暴走は起きない。政治が空転して行政をコントロールできなくなると、馬が暴走して馬車が横転するように、官僚組織が暴走する。  いまの国会をみているとよくわかるのだが、野党は空理空論をもてあそび、政権批判ばかりしていながら、自前の政策提言はしない。政府側には質問権がないから、言いわけばかりしていて反論はできない。... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2016/01/21 06:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【軽井沢バス事故】 焼け太りする官僚組織 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる