ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【教育改革】世俗から離れて、象牙の塔の希少価値を守るべきじゃぁないだろうか。

<<   作成日時 : 2015/09/27 06:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

権威主義が社会の変革や進歩に追いつけない体質をつくってしまった。」について

 下村文部科学大臣が人文・社会科学系の学部は「不要」とも読める通知を国立大学の学長に送ったことが話題になっている。国費でつくられた学問の権威主義の弊害には目にあまるということだろう。
 いったいこの国にシェイクスピアの専門家が何人必要なんだろうか? 何千、何万ものシェイクスピアが卒業して保険の外交員に就職する。必要なのはビジネス英語なのに、その教育の頂点にはシェイクスピアが君臨する。法学部だって構造はおなじだな。司法試験問題の漏えいはずいぶん昔からうわさされていた。おそらく、うわさは事実だったと思う。女学生が増えて、ベッドのなかで個人レッスンがおこなわれたのが最近の話題だな。
 象牙の塔に閉じこもった少数のエリートが下部組織を広げすぎて、権威にそぐわない俗悪な学者先生が増産されてるんだな。国会周辺の若者のチンドン屋大会にまでノコノコとでてきてピエロを演じる。
 世俗から離れて、象牙の塔の希少価値を守るべきじゃぁないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【教育改革】世俗から離れて、象牙の塔の希少価値を守るべきじゃぁないだろうか。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる