ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相の深謀遠慮かもしれない、

<<   作成日時 : 2015/07/28 18:04   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 安保法案は、いろんな意味で憲法改正の前哨戦なんだろうが、それでも安倍首相は憲法の条文にしたがった合憲法案であることを主張しなければならない。そして、共産支那の横暴と平和憲法の欠陥の板挟みになって、矛盾だらけの首相の答弁を、国民はみて、落胆しているわけだ。
 野党が、その矛盾をしつこく追及し、メディアが面白おかしく報道するから、内閣支持率は急落して、反対デモは勢いづいている。しかし、どこかで違憲があからさまになって…野党の追及が功を奏して、法案の違憲があからさまになったとき、違憲だから反対するひとと、国の安全も守れない憲法こそ、変えなければいけないと考える国民との論争がはじまるのかもしれない。
 もしかしたら、安倍首相の狙いはそこにあるのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
踏み絵を踏まされて、改宗を誓った隠れキリシタンの黒ミサのように
「安倍首相の深謀遠慮かもしれない、」について  ベルリンの壁が崩壊して冷戦時代が終わったとき、左翼勢力が消滅して、これからは保守二党による政権争奪戦の時代だと思った。ふたつの保守党はどんな政策のちがいで争うのかといえば、それは経済への対応のちがいだろう。市場競争を評価して、競争原理がもたらすイノベーションを評価する政治勢力と、それが生みだす格差や貧困を恐れて、政治がコントロールする経済政策のちがいだと想像したのだ。  四半世紀が経過して、想像はみごとに裏切られた。死滅すると思ったコミ... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/07/29 16:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相の深謀遠慮かもしれない、 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる