ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 違法に制定された憲法でも改憲手続きは守らなければいけないのか?

<<   作成日時 : 2015/06/28 08:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 違憲論をふりまいてる学者先生たちに、おたずねしてみたいのは、違法に制定された憲法でも改憲手続きは守らなければいけないのか? の疑問だ。制定課程に疑問符がつく憲法は、けっして少なくはない。多くの憲法は、その根源に革命とか独立戦争をもっている。
 革命とか独立戦争の結果生まれた憲法は、言うまでもなく革命前の政権とか宗主国の立場からすれば反逆者の論理、ドロボーにも三分の理だ。もしも、それを不法として認めないというなら、平和憲法は消えてなくなる。
 反対に、悪法といえども法は守れというのなら、革命・反逆をたくらんだほうが、てっとり早いということになる。平和念仏や憲法念仏のひとたちのお考えを聞いてみたいところだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
違法に制定された憲法でも改憲手続きは守らなければいけないのか? ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる