ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ISILの日本人惨殺事件】最大の矛盾は憲法が日本を大嫌いな日本人を量産してる…

<<   作成日時 : 2015/02/10 05:01   >>

トラックバック 1 / コメント 0

【ISILの日本人惨殺事件】日本が大好きな日本人は北朝鮮に拉致された日本人に関心を寄せ…」について

 外務省が退避勧告を出している地域に取材に出かけてフリージャーナリストの後藤健二氏が殺害された。そのニュースでわきかえっているなかでフリーランスのフォトジャーナリストの杉本祐一氏のパスポートを外務省が強制的に押収し、騒動がおきている。かれは「日本政府が渡航の自由とマスコミの報道の自由を奪った」と憤慨している。
 どこに行こうと渡航の自由がある。なにを報道しようと報道の自由と表現の自由がある。憲法がそれを保証している。いっぽうで、かれらが危機におちいったときには、救い出す責任と義務が政府にはある。退避勧告を無視したからといって、政府のこの義務と責任が免除されたり軽減されるものではない。旅行保険だって「こんなときには保証しません」っていう免責事項はあるのだから。ジャーナリストのわがまままで政府の責任ではあるまいとはいかないらしい。そこに悪乗りして尻ぬぐいさせる。
 平和憲法は矛盾だらけだ。それを日本が大嫌いな売国サヨクや売国ジャーナリズムがしゃぶりつくしている。最大の矛盾は日本国の憲法が日本を大嫌いな日本人を量産してることだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ISILの日本人惨殺事件】最初から見殺しの基本方針は確定していて、内閣中枢は…
「【ISILの日本人惨殺事件】最大の矛盾は憲法が日本を大嫌いな日本人を量産してる…」について  補正予算が成立して、安倍内閣はスロットル全開で走りだしたな。難航すると思われたJA全中改革が意外にすんなりと決まった。党内合意はできあがっていたのだろう。第一次安倍政権の走りだしの猛ダッシュを思い出している。  アホなフリージャーナリストが生け捕りにされて売国メディアの大騒ぎと、国会の補正予算審議がかさなって、忙殺された内閣は機能不全にみえていたが、実際には最初から見殺しの基本方針は確定し... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/02/11 05:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ISILの日本人惨殺事件】最大の矛盾は憲法が日本を大嫌いな日本人を量産してる… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる