ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【従軍慰安婦問題】朝日の責任を整理してみると…

<<   作成日時 : 2014/08/07 09:48   >>

トラックバック 1 / コメント 0

【朝日は沈む】従軍慰安婦問題に火をつけたのはオレだが延焼したのは風向きが悪かった」について

 ここでちょっと立ち止まって朝日の責任問題を整理してみると、それは次のよっつに、おおきく集約できると思う。

≪ねつ造と説明責任≫
 最初に、無実をねつ造した経過を説明する責任があり、それは必然的に社内の責任者の責任問題と、周辺のねつ造報道を利用したり、踊らされた人物、組織、運動体の責任に波及すると思う。

≪日本社会に対する責任≫
 最初に踊らされたのは政府だった。対韓外交からはじまって、謝罪と反省をくりかえす首相の姿勢は、国民の自虐傾向を加速して、市民運動や平和運動と連動した。

≪韓国社会に対する責任≫
 あるいは最大の被害者は韓国だったかもしれない。韓国民の反日感情を押さえられない歴代の大統領は、その政権を維持するために反日姿勢をとらざるをえず、国益を減じた対日外交がつづいた。

≪国際社会に対する責任≫
 日韓以外の国際社会に与えた悪影響も無視できない。慰安婦像は韓国内から海外に流出し、戦時売春婦問題から女性の人権問題にまで膨張した。欧米の市民運動や国際機関への活動にまで悪影響を及ぼしている。

 以上よっつの分野での朝日の責任は、これから追求されつづけるのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【従軍慰安婦問題】朝日のねつ造は組織ぐるみ
「【従軍慰安婦問題】朝日の責任を整理してみると…」について  8月9日のテレビ番組「ウェークアップぷらす」では花田紀凱が「朝日新聞記者120人に直接、手紙で意見を聞いたが、ひとりも返事が返ってこなかった」と発言し、同席していた朝日のOBも…かれも受けとったひとりにちがいないのだが、うつむいたままでコメントできなかった。  この事実は、朝日のねつ造は組織ぐるみで、内部は統制されていることをうかがわせる。 ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2014/08/10 03:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【従軍慰安婦問題】朝日の責任を整理してみると… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる