ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【朝日は沈む】従軍慰安婦問題に火をつけたのはオレだが延焼したのは風向きが悪かった

<<   作成日時 : 2014/08/06 15:04   >>

トラックバック 1 / コメント 0

【朝日は沈む】従軍慰安婦を慰安婦問題に呼び変えた理由は? 」について

 従軍慰安婦キャンペーン二日めの8月6日の表題は「日韓関係なぜこじれたか」と、なんとも白々しいものだった。なぜって、それは朝日がねつ造記事を書いて、二十数年間ごまかしつづけたからに決まっている。いまさら、訂正キャンペーンの表題がこれかよっ!って、あらためて腹が立つ。
 さらに、その横には『慰安婦問題はどのようにして政治・外交問題へと発展していったのか。日韓両政府の解決に向けた努力にもかかわらず、なぜこじれて、今に至るのか』と、まるで放火殺人犯人の「火をつけたのはオレだが、延焼したのは風向きが悪かったから」とでも言いたげな、ふてぶてしい文章が添えられていて、国賊朝日の面目躍如といったところだった。
 この話題は続くだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【従軍慰安婦問題】朝日の責任を整理してみると…
「【朝日は沈む】従軍慰安婦問題に火をつけたのはオレだが延焼したのは風向きが悪かった」について  ここでちょっと立ち止まって朝日の責任問題を整理してみると、それは次のよっつに、おおきく集約できると思う。 ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2014/08/07 09:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【朝日は沈む】従軍慰安婦問題に火をつけたのはオレだが延焼したのは風向きが悪かった ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる