ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 再稼働反対がオスプレイ反対に変わるとき

<<   作成日時 : 2012/08/05 17:53   >>

トラックバック 2 / コメント 1

【再稼働反対】“生ミイラ”が生きかえった」について

 テレビの政治番組では世論よりも、ちょっとだけ左がかった発言者を出演させると視聴率があがるという。ほかの番組がオリンピックで消されているときに、田原 総一朗が微妙に先祖返りしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【再稼働ハンタィ!!】原発技術を捨ててしまいたい日本人って、
「再稼働反対がオスプレイ反対に変わるとき」について  自然エネルギーの可能性を信用できるのか? の疑念が最初にある。技術的可能性と信頼性、コストを見極めた議論がされているとは思えない。化石燃料の絶対量も気がかりだ。あと何年掘りつづけることができるのか? 採掘技術とコストと代替鉱物を議論しなければいけない。  そして、その議論が煮詰まれば、途中のエネルギーが不足する時期…30年後なのか100年後なのかにエネルギーの不足する危険な時代がありうるとすれば、原発の技術をフトコロにあたため... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2012/10/02 08:54
再稼働反対がオスプレイ反対に変わるとき
「再稼働反対がオスプレイ反対に変わるとき」について  それにしても、あのオスプレイ反対者たちは、ミグの飛来は歓迎するんだろうか? ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2012/10/02 09:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。
自らは望むことなく危機に陥る習性か。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

noga
2012/08/05 18:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
再稼働反対がオスプレイ反対に変わるとき ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる