ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「もうすぐ救急車が走らなくなる」について

<<   作成日時 : 2008/02/03 05:42   >>

トラックバック 1 / コメント 5

もうすぐ救急車が走らなくなる」について
 ペットの予防注射がきっかけで、近所の獣医師と仲良くなったことがある。大手術の人手が足りなくて、休日に助手を手伝ったりした。外国の本を手術台のよこに開いて、獣医は内科も外科もないから解説書を読みながら全科をこなすのだといっていた。この薬は人間につかうと保険で9割減額されるんだが、ペットは全額オーナーもちだとも言っていた。人間もペットもたいしてちがわないから、盲腸でも癌でも、手術してあげるから、あなたも手術台の上にあがりなさいといわれたが、それだけは辞退しておいた。
 これをかかりつけの内科医に話したら、こちらは自宅のペットが風邪をひくと、医院の薬を調合してなおすといっていた。むかしばなしに、馬の医者がはやらなくなって、人間の医者に商売変えをするのがある。
 いま勤務医が簿給で、開業医になってしまうというが、開業医は、それほどの知識が必要なわけではない。看護婦さんや救急救命士でまにあうケースが大多数で、手に負えない患者の受け入れ態勢がしっかりしていれば、医師の枠を広げてもいいと思う。
 問題は、医師が増えれば保険制度が破綻することだが、薬価と診療費を自由競争にさらすことで、単価を下げて需要を満たせる。あそこの医者は診たては悪いが薬は安いなんてうわさは、意外とこの問題の解決の近道だと思う。高額所得医師がふえても、医療は充実しない。赤ひげをふやす施策が重要なんだろう。医師も官僚も政治家も、共通して言えることなんだが、人材確保に高給が必要だという主張はまちがっている。むしろ、高額所得が、かれらを腐らせている。一般国民より、ちょっとだけ所得が低い生活のなかで、たかいこころざし≠ェそれを補強するような人材こそが、その職業に適しているんだから、その条件に合致するように、それらの職場の賃金を調整してあげる必要があると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「お医者さん」って何だろう? 医療とお金の話について
医者は儲けすぎているのか? 開業医は儲けすぎているのか? ...続きを見る
白鳥一声
2008/02/08 19:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
初めておじゃまします。
記事を取り上げていただき、ありがとうございます。ゆっくり読ませて頂いて、また記事を書かせて頂きたいと思います。
アイスゆず
2008/02/03 19:17
はじめまして。医師です。

おっしゃるとおり、公的保険を廃止して医師を自由競争にさらすというのは賛成です。ただ、そうなったときには、おそらく管理人様の考えとは全く反対の方向に事態は推移することでしょう。

アメリカでは現在公的保険がありませんが、その結果医療費は激増。現在日本の10倍の医療費がかかっています。日本なら1万円で受けられるMRIはアメリカでは50万円です。アラブの富豪にとっては世界最高の医療が受けられる一方、4700万人が無保険になり医療を受けられなくなっています。大統領の報道官でさえ、医療費が払えなくなり、辞職せざるを得なくなりました。
暇人28号
2008/02/17 18:12
日本でも保険を使わない医療が増えてきています。自由診療をしている美容保険医の収入は保険診療を行っている医師の2倍です(開業医よりはるかに高い収入です)。最近では大都市圏を中心に保険診療の出来る分野でも自由診療をしている開業医がいますが、保険診療をしている開業医より儲かっています。

基本的に医療・健康分野というのはお金が青天井になる可能性をはらんでいます。同じ食べ物であっても、「健康食品」と名がつけば値段が上がります。自分の子供が放置すれば死亡する病気に掛かって、家を売り払ってお金を工面すれば手術を受けられて助かるのであれば、親は家を売り払ってでもお金を工面します。

実は公的保険で守られているのは医師ではなく利用者だと思いますが。
暇人28号
2008/02/17 18:13
訂正します。

>日本でも保険を使わない医療が増えてきています。自由診療をしている美容保険医の収入は保険診療を行っている医師の2倍です(開業医よりはるかに高い収入です)。

美容保険医→美容形成外科医です。失礼しました。


結局どういう基準で医療機関・医師を選ぶかということです。管理人様のような状況になるためには品質の同じ品物を多数のお店で販売しているときに生じる現象です。化粧品は値段が高いほどよく売れますが、それは品質の高いものを求めるからです。

医療の場合も、多くの人が価格で選ぶわけではないのです。先ほど妻と話をしていましたが、妻は、「良医である事が大事だけど、会話をしていてこちらが安心できる人かどうかが基準。値段は二の次。」といっていました。同感です。自分の命が掛かっています。そうなればお金はさておき、出来るだけ名医に掛かりたいと思うのが人情です。
暇人28号
2008/02/17 22:13
追加:

今、経済界は国民皆保険制度を廃止して混合診療・自由診療への移行を希望しています。なぜだか分かりますか?そのほうが儲かりますので。ある財務省の官僚も「なぜ医師会は混合診療に反対なのですか?混合診療になれば、今の医療規模(30兆円)がたちまち50兆円になるのに」
といっています。別の識者は医療費の規模は100兆円になる、といっています。この差額はどこから出てくると思いますか?国は税金による医療費負担を増やすつもりは微塵もありません。となると、それは利用者が負担することになります。多くの人はそんなお金を払うことが出来ませんので、医療保険に加入することになります。
分かりますね?混合診療を要望している人たちはそれによるお金儲けに期待しているからです。
暇人28号
2008/02/23 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
「もうすぐ救急車が走らなくなる」について ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる