自民党には、なにか隠しごとがあるのではなかろうか?

 5日のサンプロで、町村前外務大臣が、横田めぐみちゃんの遺骨がにせものだとわかったときには、制裁発動を検討した。中国と韓国が6カ国協議が開催できるか、流れるのかの瀬戸際だったので、自重を求めてきて断念したと発言していた。しかし、アメリカは最近、偽ドルや麻薬にからんで、制裁を発動している。なぜ日本だけが慎重になるのかの疑問は解けない。  小泉さんだけでなく、自民党には、北鮮に頭があがらない、なに…

続きを読む

朝鮮総連傘下団体の薬事法違反、

 100人規模で隠されているであろう北鮮の拉致事件でも、公然の秘密の状態が、なぜこんなにも長期にわたって放置されたのかといえば、もちろん朝鮮総連に行き着くのだが、その朝鮮総連の公然の犯罪体質を支えてきたのは、在日朝鮮人だけではない。一介の外国人団体にすぎない朝鮮総連を支えてきたのは、朝鮮人ではなく、むしろ日本の行政や政治のなかに、広範におよぶ支援者の存在だ。  日本人支援者といっても、多様で、…

続きを読む

6カ国協議の進展・ものごとは楽観的に、積極的に考えるとしよう。

 ものごとは楽観的に、積極的に考えるとしよう。ふたつの行動が解禁された。ひとつは 、経済制裁を躊躇する理由がとりのぞかれたこと。6カ国協議の進展を理由に、経済制裁 を思いとどまる理由がなくなって、日本の意思で、いつでも制裁を開始できる。  ふたつめは、小泉首相が靖国参拝を思いとどまる理由がなくなったこと。ことしの秋の 例大祭は、おおくの代議士でにぎわうことだろう。

続きを読む

6カ国協議・拉致事件は北鮮の専売特許ではない。

 6カ国協議は、悪戦苦闘中だ。共同宣言に、人権問題の解決の語句を挿入する日本の外交団の努力を評価する。人権を尊重するのは、日本とアメリカだけで、中国や北鮮は、国民に人権を認めれば、国家体制が崩壊する政権だから、なかなかむつかしいのだと思う。ニュースによれば、北鮮はもちろんだが、韓国と中国が反対しているらしい。  北鮮は拉致事件の当事国だから当然としても、中国や韓国も、ほじくれば自分にもやましい…

続きを読む

韓国には日本に数倍する拉致被害者が存在する。

 よく知られている事実だが、韓国には日本に数倍する拉致被害者が存在する。朝鮮戦争 をはさんでいるから、当然といえば当然な数字だ。ところが、韓国はこの問題を封殺して いる。金大中と盧武鉉の太陽政策の一環だと誤解した解説があるが、それ以前から歴代の 政権が、この問題をとりあげてこなかった。いまでも留守家族は、せめて日本とおなじレ ベルの政府の支援を要求しているが、むつかしい状況らしい。  …

続きを読む

現代のA級戦犯、土井たか子、菅直人、

 北鮮のスパイ・辛光洙が、またニュースになっている。その詳細を紹介しないが、韓国で逮捕されたかれの保釈に尽力した日本の政治家がいた。紹介しない理由は、ネットで検索すれば、簡単に事実関係が手に入るからだ。ぜひあなたも体験して欲しい。当時すでに、辛光洙の犯行があからさまになっていたのだが、あえてこの大物スパイを北鮮に帰還させる運動に手を貸した日本の政治家グループだ。その嘆願書に署名した当時の日本人議…

続きを読む

イラクから北鮮へ、

  自民党の安倍晋三幹事長代理は、チェイニー副大統領と会談し、東アジア情勢や安全保障問題などについて意見交換した。席上安倍晋三は、北朝鮮の核開発問題をめぐる6カ国協議の早期再開に向け、中国に対し北朝鮮への働き掛けを強めるよう求める必要があると指摘。同時に、前回協議から1年がたつ6月までに北朝鮮が再開に応じない場合、国連安全保障理事会で経済制裁の検討に入るよう提案した。   主客転倒した馴れ合い…

続きを読む

中韓反日暴動と北鮮の拉致事件

  被害は政府公館の建物と、日本料理店の店舗や施設が中心のようだ。一部、在留邦人の人身被害も報じられたが、軽微なものらしい。言うまでもないが、一義的には加害者である中国人に責任がある。二義的には、法と正義を執行する義務と責任が、中韓両国政府にある。どちらも責任を感じていない、いわば精神病患者の犯した犯罪のようなものなので、ここでまじめにとりあげるつもりはない。   被害が日本の政府と日本の国民…

続きを読む

拉致事件

http://aconite.txt-nifty.com/aconite/2004/05/post.htmlへのTBです。   あたりまえじゃぁないか。拉致被害者ご自身や、そのご家族にしてみれば、無事の帰国、原状回復が最初の要求にきまっている。そんなことがわからない、戯言は不愉快だ。   事件解決の要求が、どこに十倍のマイナスを生むというのか。たわけた発言だと思う。

続きを読む

ライスちゃんに言い忘れたこと、

 ビーフの話題にかまけていい忘れたが、つまり韓国経由で北京にいくということだから、大事なことだが、六カ国協議でなにがきまろうと、なにも決めることができなかろうと、メンバー六カ国が肝に銘じておいてもらいたいのだが、拉致事件の全面解決がすべてに優先してその前提になるということだ。日本にとっては、拉致事件が全面解決しないかぎり、ほかの5カ国がなにを決めようと、知ったことじゃぁないということだ。  日…

続きを読む

民主党の二人の代議士

  2月13日のテレビ番組サンデープロジェクトに、民主党衆議院議員の原口 一博と首藤 信彦の二人が出演していた。話題は、北鮮の拉致事件だったが、二人の発言のちがいはとてつもなくおおきかった。同時に自民党からも二人の代議士が出ていたのだが、そのちがいと比較して、その差は歴然としていた。原口 一博と首藤 信彦のちがいは、意見や認識のちがいというよりは、価値観や思想的背景のちがいだった。あそこまで、決…

続きを読む