A級戦犯合祀問題の根幹

「A級戦犯合祀問題・総選挙のあとに…」について  どうもわたしの説明がいたらないのか、誤解ばかりが先行している。A級戦犯合祀問題は、歴史認識の話題と抱き合わせにして議論されている。すでに、この話題を合祀問題と歴史認識に分割して考えること自体が不可能になってしまっているが、そこまで立ち戻って考えてください、というのが今回のわたしの主張だ。  大東亜戦争は、日本の侵略戦争だったのか、自衛戦争だっ…

続きを読む

A級戦犯合祀問題・総選挙のあとに…

「A級戦犯合祀問題の根幹」について  戦争の目的や、開戦の理由や、勝敗の結果ではない。正邪の区分けでもない。開戦を決意して、実行した主体がだれだったのかの話題だ。犯罪者は一部の軍国主義者、戦争指導者、A級戦犯であって、国民は被害者で無罪だ、というフィクションにすがって、日中関係も国連加盟も達成されてきた。日本の戦後外交は、フィクションのうえに成立しているといえる。  この外交路線の矯正は、外…

続きを読む

A級戦犯合祀問題の根幹

 ドイツ人は、戦争責任を全部ナチスにおっかぶせて済ませてしまった。ドイツ人は、ポーランド人やユダヤ人とおなじ、戦争の被害者だといって、済まそうとしている。東京裁判の判決も、おなじ論理を適用している。日本の戦争責任は、一部の戦争指導者にある。日本国民は、戦争の被害者だった。そう言って、戦争責任を一部のA級戦犯に集中させた。田中角栄の日中国交正常化にも、この論理が適用されている。中国人と日本人は一部…

続きを読む

現在の国際社会を構成している歴史認識への疑問

 どういう選挙結果が出ようが、郵政民営化なんて、ちっぽけな話題で国論が整理できるはずがない。いずれ、政界再編制は避けてはとおれない。おそらく、早ければ一年以内、遅くとも二年以内には、また総選挙があると思う。自民、民主どちらが勝とうと、どちらが負けようとも、政局の混乱と流動化は避けられない。  見据えておかなければいけないのは、本当の争点だ。おおきな政府か、ちいさな政府かなんて議論も、すでに議論…

続きを読む

「きょうのサンプロ・靖国史観をめぐって、」について

「「きょうのサンプロ・靖国史観をめぐって、」について」について  思想や理念や政治が歴史的事実をねじ曲げたり、おおいかくしても、100年たてば露見するのでしょうか。  たとえば、大航海時代にはじまるヨーロッパのキリスト教文明による有色人種社会への奴隷化や植民地化は、非キリスト教徒は野獣や家畜同様の非人類で、その奴隷化や宣教による文明の供与は、文明人としてのキリスト教徒の神聖な使命だと考えられて…

続きを読む

きょうのサンプロ・靖国史観をめぐって、

 途中退席した小泉首相をふくめて、靖国史観を支持する政治家は一人もいなかった。田原総一郎や司会者をふくめて、コメンテイターにもいなかったと思う。大東亜戦争を、侵略戦争だとする認識では、全員一致していたということだ。  そういうなかで、中国や韓国をふくめて、小泉首相の靖国参拝に反対する人々が恐れているのは、番組のなかでいみじくも田原総一郎が指摘しているように、あの戦争を自衛とアジア解放の戦争だと…

続きを読む

民主党の閣僚参拝問題

 民主党はシャドウキャビネットをもっている。いつでも、内閣をスタートできる体制ができていると公言している。ならば、閣僚の靖国参拝の質問にも、即答できないはずはなかろう。それができなかった理由は、若造の党首には責任が重過ぎて、答えられない内閣だということだろう。  

続きを読む

NHK特集「靖国神社」

 NHKの特集番組で靖国神社をあつかっていた。4人のパネリストの討論を聞きながら、あの議論の対立の境界線は、なんだろうかと考えた。維新政府がつくろうとした国民国家が、国民軍を必要として、その付属施設としての靖国神社だった。戦後も、この国を国民国家にしたい政治勢力は、戦前との一体感を共有しているから、靖国神社を必要としている。反対に、戦後のこの国を、日本人からとりあげて、外国やイデオロギーにプレゼ…

続きを読む

「「靖国参拝ポーズは止めて」について」について

「「靖国参拝ポーズは止めて」について」について  国難に殉じた英霊の慰霊は当然とも思えるが、一将功成って万骨が枯れるといわれると おり、枯れた万骨の慰霊の事例はすくなかったのかもしれない。権力者が強制的に徴兵し たり、金銭で雇う傭兵の軍隊ではそれでもよかったが、武具、とりわけ鉄砲の大量生産が 、兵士の大量徴募を要求し、そのサラリーが国庫を枯渇させた。とりわけ、フランス革命 の結果誕生した…

続きを読む

朝日は沈む・渡辺淳一・靖国参拝問題

 7月30日の朝日新聞朝刊特集ページに、作家の渡辺淳一という人物が寄稿している。中国人や朝鮮人の反発は、歴史的事実や理屈にもとづくものではなく、民族的感情なんだから、加害者がどんな理屈で弁明したところで無駄だという。読んでいて、みょうに納得する文章だ。相手側にかぎらない。日本人としても、すでに感情論になっていて、国民感情が意固地なものになっている事実はかくしようがないと思う。そこまでは、よくわか…

続きを読む