だれが森本敏を起用したのか、

 考えれば考えるほど、よく練られた人事だったと思う。3年間の民主党政権の閣僚人事のなかで、とびぬけてすぐれた人事と呼んでいい。もしもこれが偶然だったとしたら…というのも、3代の首相をふくめて、この政権の人事はすべて行き当たりばったりの偶然のたまものと断じていいからだが…もしもいつもどおりの偶然だったとしたら、天佑という言葉を信じることができそうだ。この国はまだ神様から見放されてはいない。
 この時期、前任の田中直紀でも、前々任の一川保夫でも、防衛大臣のイスは数日ももたないことは、素人目にもはっきりとしている。組閣のときからオスプレイの配備は確定していたから、いまの事態が予想できなかったわけではないが、予想できる人物が民主党内にいたとは考えられない。「できれば国外、最低でも県外」のルーピーを再演する可能性はすくなくなかった。田中直紀でも、一川保夫でも、あるいは民主党の大多数はハトポッポより、もっとハトポッポだからだ。
 だれが森本敏を起用したのか、考えれば感がるほどよく練られた人事だ。あるいは、防衛省内やOBからのはたらきかけがあったのだろうか…

"だれが森本敏を起用したのか、"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: