世襲でなにが悪い、

世襲だけがとりあげられると付和雷同して、」について
 百歩譲って世襲議員が無能な欠陥議員だったと仮定しても、それが実証されたのは過去の世襲議員、もしくは現職の世襲議員に対する評価だろう。つぎの選挙の世襲候補がその事例を踏襲するかどうかはまだ未確定だ。未確定な候補の立候補を禁止して、無能が確定した現職の立候補を容認する理由はなんだろうか。じつに、たわけた決定だとおもう。
 理由が無能ではなくて、有能な後継者の登場を阻害するものだとしても、現職を除外する理由にはならない。世襲と非世襲の能力比較なんてデータはないのだから、この議論は最初から成立しないし、世襲を排除する論理は、そのまま現職の世襲を擁護する決定に矛盾する。
 だとすれば、民主党も自民党も、そろって現職の世襲議員から排除して、真っ先にいまの党首を排除しなければ、党議の正当性は成立しない。

"世襲でなにが悪い、"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: