漢検協会の多額利益問題

 漢検の前経営者…この呼び方も不適切なんだが…の違法や犯罪を弁護するつもりは毛頭ないが、なにか釈然としない違和感をもつ。これがそのほかの、たくさんある官製の公益法人でおこなわれていた不正なら、これほどの大騒ぎにはもちろん、摘発の対象にもならなかったのではないか?官僚の天下り先としての公益法人が、官僚のお手盛りでつくられて、巨額の予算がつぎ込まれて,消費しきれなくなればファミリー企業に流出して溜め込まれるケースは、今回の不況対策予算でも、あらかじめ使い切れない事態を予想して基金として予算が計上されている事実からも、公知の官僚犯罪だと思う。官僚犯罪なら見過ごされるケースだが、なにを血迷ったか民間人が犯した犯罪だから、見過ごすわけにはいかなかったというのが、実態かなぁ?
 だとしたら、これって、完全な国策捜査だ。民間が、あたらしいビジネスモデルをつくる。何かが理由で、官僚の癇にさわるような存在になったとき、無理やりこさえた理由で、犯罪に仕立てる。ホリエモン事件とおなじだ。

"漢検協会の多額利益問題"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: