民主党党首・前原誠司の「All for All」は忌まわしい全体主義の政策だ ②

民主党党首・前原誠司の「All for All」は忌まわしい全体主義の政策だ」について
 9月8日のBS日テレの「真相ニュース」で前原新党首が、くだんの「All for All」を説明して、貯金のない人も安心して暮らせる社会と説明していた。貯金ゼロでも安心して暮らすためには消費税を25%^30%の増税を提唱していた。そして安倍政権のトリクルダウンを批判していた。
 アベノミクスのトリクルダウンは企業に利益が溜まれば、やがて従業員のフトコロに、したたれ落ちてくるだろうというものだった。しかし、トリクルダウンが企業の金庫に溜め込まれてしまったように、「All for All」も財務省の金庫に溜め込まれてしまって、やがて、お役人たちが山分けをしてしまう。わたしたちは消えた年金問題で、それを経験済みだ。
 庶民の稼ぎを消費税で横取りする政府よりも、政府の金庫は空っぽにして、庶民のフトコロに稼いだ金が残る政策のほうがいいのだと、わたしは思う。サービスが必要な人だけが自分のフトコロから支払えばいいのだ。

この記事へのコメント

  • 巳蛙

    GOD
    is
    Almighty
    よろすの力の持ち主礼讚
    万力と書いたら
    板金工用固定グッズ

    万軍の主でしょうか
    一万二千年以上昔から考古学上戦争三昧の土地柄の宗教礼讚?

    イギリス国教会の違宗派和解努力?

    2017年09月11日 15:01

この記事へのトラックバック

民主党党首・前原誠司の「All for All」は忌まわしい全体主義の政策だ ③
Excerpt: 「民主党党首・前原誠司の「All for All」は忌まわしい全体主義の政策だ ②」について  政治家たちのいう"社会"なんて、実態のないお化けにだまされないでもらいたい。「社会進出」なんて、どこにも..
Weblog: ごあいさつ
Tracked: 2017-09-12 11:31