世襲でなにが悪い、

世襲だけがとりあげられると付和雷同して、」について
 百歩譲って世襲議員が無能な欠陥議員だったと仮定しても、それが実証されたのは過去の世襲議員、もしくは現職の世襲議員に対する評価だろう。つぎの選挙の世襲候補がその事例を踏襲するかどうかはまだ未確定だ。未確定な候補の立候補を禁止して、無能が確定した現職の立候補を容認する理由はなんだろうか。じつに、たわけた決定だとおもう。
 理由が無能ではなくて、有能な後継者の登場を阻害するものだとしても、現職を除外する理由にはならない。世襲と非世襲の能力比較なんてデータはないのだから、この議論は最初から成立しないし、世襲を排除する論理は、そのまま現職の世襲を擁護する決定に矛盾する。
 だとすれば、民主党も自民党も、そろって現職の世襲議員から排除して、真っ先にいまの党首を排除しなければ、党議の正当性は成立しない。

この記事へのコメント

  • とおりすがり。

     ということなんで、是非一度当選した選挙区からは二度と出られないとか言う縛りをかける、ってのはどうでしょうね。
    2009年05月22日 23:18
  • 罵愚

     排除は民主主義の理念に矛盾する。
    2009年05月23日 04:13
  • とおりすがり。

     排除、というか仕組だと思いますが。
     と思ったが、誤解がありそうなので再度説明を試みてみます。

     例えば、国政選挙なので国家を基点に考えると、国会議員が特定の選挙区に居座り続けるのはいかがか?と思うのが根底にあって。よって例えば、
     1.立候補を受け付けると、まず届出を一箇所に集める。
     2.それらからランダムに選挙区を割り当てる。
     3.前回当選者は、以前当選した選挙区からは出馬できなくする。
     4.立候補者は選管から支持された選挙区で選挙を戦う。
     てなことをすると、地元利権誘導は起こりにくくなるのかな?と思った次第。

     ただこれを実施しても官庁天下り系とか、大きな資金源を持つ候補者はどうするのかとか、そういう問題は残るんですけどね。
    2009年05月23日 19:50
  • 罵愚

     先代を30年間、応援してきた。つちかってきた三バンを、その息子に世襲させたい応援者の思いは、無視してもいいのでしょうか?政治運動をする権利を奪うことになるとおもう。
     いずれは、選挙で決着がつくのだから、新人にそれなりのハードルがあるのは当然だとおもう。
    2009年05月24日 05:27
  • とおりすがり

     とりあえず職業選択の自由の観点から世襲除外ってのは個人的には大反対なんですげどね。まあそれはとりあえず置くとして。

     仮にある議員が他に先駆けて新潟(?)に猛烈な国家予算を投下したとする。当然新潟(?)は湧く。故に次もあの人に。という構図は国会議員としてふさわしいものであるのかどうか。世襲以前に。そういう感覚がぬぐいきれないわけですよ。
     国会議員なのだから、国家視点で政治を行う。その業績を特定の一地区の国民だけが評価するのではなく、他の地区の国民が評価する状況もあり得る。そういう状況のほうが利権誘導型の手法は少なくなるのではないか?と思うわけです。(まあ綿密に考えると甘いんだろうけど)
    2009年05月24日 11:17
  • とおりすがり

     あと気になったのは、私は上記の通り親に政治家を持つ子女がそれを理由に政治家になれないというのは、職業選択の自由の原則に照らして絶対に反対であるわけですが、しかし、その周辺の「あの人の息子に継がせたい」という心持ちは分からない。そんなことなら結社「新潟(?)党」でも作って、そのなかで毎回違う立候補者を選択し支援してもいいんじゃなかろうか。なんかそこには、人の金を目当てにして無心するかの様な卑しさを感じたりするのは私の偏見か?
    2009年05月24日 11:19
  • 名盤!

    TBありがとうございました。
    ぼくもTBさせてもらいました。

    僕は世襲制限というのはバカな発送だとは思います。
    根本的な解決にはならない。
    でも現状を変えるために手段の一つとしてありかと思うのです。
    単純に二世議員が当選しにくくなるというだけで全体の政治家のレベルが上がると僕は思っています。
    あくまでも一つの手段です。

    >先代を30年間、応援してきた。つちかってきた三バンを、その息子に世襲させたい応援者の思い

    これは政治とは全く関係のないものだと思うのですが。
    2009年05月24日 17:58
  • とおりすがり

    >先代を30年間、応援してきた
    >これは政治とは全く関係のないものだ

     それは違うと思います。あくまで政治は政治家個人が独断で行うのでなく、地域や結社の代表者として執り行うものです。だから地域が代議士を選ぶし、その代議士を選ぶに当たって、みずからが所属する地域や結社の利益になる様な人を選ぶ。これは別に民主主義だけの話ではなくて、平氏から政権を奪取した源氏の例をみても、政治の本質といえると思います。
    2009年05月24日 23:56

この記事へのトラックバック

特異な日本でなにが悪い、
Excerpt: 「世襲でなにが悪い、」について  日大教授の岩井奉信が「諸外国と比べて世襲議員が多い特異な日本」という。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics..
Weblog: 罵愚と話そう「日本からの発言」
Tracked: 2009-05-23 04:17

世襲問題とランジェリー・フットボール
Excerpt: 最近政治家の世襲問題がニュースなどでよく取り上げられている。 確かに世襲議員は多い。 なんで? 世襲なんてろくなことないと思うのだが。 だってスポーツ選手に世襲はないだろ。 何故なら、結果が..
Weblog: 名盤!
Tracked: 2009-05-23 15:09