水着認可問題…入江「また世界新出す」 メーカー困惑「改良するしか」

 石原慎太郎が、よく引き合いに出すのはボクシングのルール。英国人が試合に負けそうになると、都合よくルールを変えてしまう。日本人が思い出すのは、水泳だな。潜水泳法なんてのがヤリ玉にあげられた。日本人が新記録を出すと、その泳法を禁じられた。
 英国に憲法がないのは、このご都合主義に似合わないからだろう。これがロシアやドイツや支那になると、ルールなんて気にもかけない。はじめから、無視してかかる。どっちがルールを尊重しているかといえば、強引にルール改正を強行するアングロサクソンのほうが、まだしも〝紳士的〟だといえる。
 国際社会のルールって、この程度のものだ。解釈論争でがんじがらめになる、シャイな日本人には…

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック