ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍、山崎氏の泥仕合

<<   作成日時 : 2008/06/22 05:21   >>

トラックバック 1 / コメント 1

北鮮利権・井戸掘り人夫列伝」について
 前後にいくつかの応酬があったが、安倍晋三の『百害あって利権あり』に怒った山崎氏が発言の取り消しと謝罪を求め、安倍氏が拒否した顛末を、面白おかしく報道しながら「どっちも、どっち。子供のけんかは両成敗」と、おとなの良識で解説しながら、ニュースの本質から視線をそらしたコメントがほとんどだった。『北鮮利権』といわれて「それって、なに?」なんて、いまさら幼稚な愚問を発する日本人は論外として、山崎拓の「日朝国交正常化推進議員連盟」が政府間交渉のさなかのタイミングで訪朝を検討している…つまり、二元外交を画策している、そこのところがこの話題の本質だと解説できるコメンテイターが、ほとんどいなかった事実について失望と怒りを感じる。
 民主主義国家だから、議論も交流も、好きなだけやればいい。しかし、政府が交渉をはじめたら、二元外交を避けるのは政治家の、最低限度の常識ってもんだろう。この時期、それをはじめるからには、またぞろ利権漁りがはじまったと思われるのは当然だ。ましてや、与党の元副総裁の言行としては、はなはだ心もとないと思う。はっきりと、両成敗の子供のけんかではない、山崎拓の利権漁りだと言い切っていいと思う。
 おそらく22日の日曜日のいくつかの報道番組でも、この話題がとりあげられるのだろうが、はたしていくつの番組が、二元外交の危険性について言及するのか、それを指摘できるか、できないのかが、その番組のレベルを見極めるリトマス紙になるのだろう。北朝鮮情勢の専門家と呼ばれる人たちが、これに言及するのか、できないのかによって、信頼できる専門家なのか、テレビ局のマスコットにすぎないのかを見極められる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
拉致と核
「安倍、山崎氏の泥仕合」について  6カ国協議のメンバーは核を主要議題にしていて、拉致には冷淡だ。「日本は拉致にこだわりすぎる。被害者数がかぎられた拉致よりも、国民全体が被害者になりかねない核に、もっと関心を移すべきだ」と、ふたつの話題の主客を比較した議論があるが、他国はともかく、日本としては…たとえば、あなたの家族が拉致されるのと核兵器で殺されるのと、けっしておきてほしくはないと思う気持ちは、どちらもおなじだろう。あるいは、もっといえば、それが北鮮の核だけではなく、中国の核だろうとおな... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2008/06/22 17:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど。あれはそういう事情だったのですか。一つ勉強になりました。
nobuQ
2008/06/23 08:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍、山崎氏の泥仕合 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる