ワイドショウに押しつぶされた安倍自民党内閣

 定年退職して、昼間、茶の間でテレビを見る時間ができた。ワイドショウなる番組を見て、おどろいた。司会者とまったくおなじ意見を数人のコメンテイターがくりかえす。世の中には、ちがった意見もあります、なんて発言はない。なかには、あきらかな事実誤認があり、いずれ訂正するんだろうと思ってみていても、翌日も、翌々日もその誤認がくりかえされて、いつしかそれが真実のごとくに一人歩きしてしまう。発言者は、まったくの素人集団で、ひどい場合には、お笑い俳優の司会者に、それをとりまく発言者は野球選手、小説家、アイドル歌手になぜか植木職人が混ざっている、なんてのもある。このメンバーが、国際問題を評論するのだから、仕上がり具合は、想像どおりものだ。
 たまたま見たお笑い番組かと思って、チャンネルを回すと、どこの局も大同小異なんだな。それぞれの局の解説記者が出てきても、これがまた、ひどいお粗末で、専門知識の欠落がひとめでわかる浅薄な解説をする。
 たとえば、今回の参院選全般を見わたしても、安倍首相が争点にあげたのは小泉改革継続と戦後レジームからの脱却だった。政権発足一年たらずの短期間とはいえ、難問の外交課題としての近隣外交をあざやかに解決し、国民投票法制定、教育基本法改正、防衛庁の省昇格と、どれをとりあげても一内閣の功績に匹敵する成果をあげていた。それ以前の泡沫内閣はもちろんのこと、小泉内閣の5年間と比較しても、卓越した成果だったことはまちがいない。
 その成果のうえに、改革継続と戦後レジームからの脱却をかかげていたのに、たまたま社保庁問題、政治資金問題、閣僚不祥事のいわゆる“逆風三点セット”が露呈すると、ジャーナリズムは、これだけをとりあげて、首相の主張と成果を、ことさらに無視した。成果を強調したり、憲法問題や拉致事件をとりあげる発言がなかったわけではない。有識者や、いわゆる専門家の意見としては、むしろそちらのほうがおおかった。たとえば、逆風三点セットに関しても、そういう問題があるからこそ、それへの対応として小泉改革を続行しなければいけないという、まともな意見は、まったくかき消されてしまって、とりあげられることはなかった。外見だけ見ていると、ワイドショウが民主党のスポークスマンになってしまったような印象をうけるが、実態としてはワイドショウに民主党が踊らされているというのが真実だったと思う。バランス感覚を喪失したメディアに政治が踊らされている狂態の季節がつづく。観客としての有権者は、毒気に当てられて酔いしれている。
 いずれにしても、安倍首相は辞任を表明した。昨日のニュースで街頭でインタビューをうけていた市民の反応をみていても、賛否はともかく的確に客観的な意見を言えている人が半数、あきらかにワイドショウに冒されて、現実が見えていないのが半数という印象だった。政治を批判するメディアはあたりまえだが、メディアを批判する政治はいない。洗脳された国民の脳細胞で事実誤認が増殖する。ワイドショウが政治を左右して、確実に言えることは、改革は頓挫し、平和憲法は100年継続し、拉致事件は解決しない。野党民主党は、野盗と化す。

この記事へのコメント

  • 秋桜

    こんにちは。
    本当に、マスコミの横暴は目に余る現実ですね。思いどうりに進行できるし、コメンテーターも選べるし、拡大宣伝、時には隠蔽もする、そして政治家も国民もかしずかせている。番組を私有化する人もいるし、居座る人もいる。驚きを通りこしています。
    2007年09月13日 13:16
  • 罵愚

     まったくですねえ。今朝の朝日TVのスーパーモーニングでも、民主党の原口一博が「人事は内閣の政策そのものですから…」なんて発言するんです。ちょっとまてよ、それなら、お前さんの民主党の人事は政策を反映しているのか?代表代行の菅直人は辛光洙の釈放を手引きした国事犯だが、朝鮮人スパイの釈放は民主党の政策かい?とききたかった。
     さらに、一年前の安倍総理が選出された自民党の総裁選では、選挙に耐えられる人気が誰にあるかが競われて政策は論点ではなかったと批判していた。これも、民主党に当てはめれば、小沢一郎が選出されたいきさつは、政策論争の結果だろうか?の疑問がわく。憲法論争ひとつとっても、党内論議をはじめれば空中分解してしまうのが、民主党ではなかろうか。
     ちょっと政治に関心のある日本人なら、だれでも気づく疑問なんだが、あえて無関心層にターゲットをしぼって、洗脳する手法には、悪意しか感じられない。
    2007年09月13日 14:10
  • kaz-p

    はじめまして、KAZ-Pと申します。
    この度はTB有難うございます。
    テレビ局の視聴率至上主義や
    新聞・雑誌等の発行部数を伸ばすために
    内容より話題性を重視して
    以上と思えるほど持ち上げてるかと思えば
    一転して集中的にこき下ろすという
    風見鶏の如き報道振りには、辟易します。
    2007年09月14日 01:52
  • 罵愚

    kaz-p さん、コメントありがとうございます。
     問題点は、マスコミのマインドコントロールから、どうやって解放しようかの、方法論でしょうか。高級ブテックから100円ショップまで、これほど品揃えが豊富な消費市場が形成されている日本人社会で、ジャーナリズムだけが共産中国や北朝鮮並みの貧困な状態を、どうしようかの問題でしょうね。
    2007年09月14日 03:05
  • ROCK

    はじめまして。
    TBありがとうございました。

    私は20代(後半)ですが、周りの人間があまりにもマスコミに流されやすいことに驚いています。
    週刊誌のゴシップ記事ですら真実として受け止めてしまいますからね。
    ひょっとして真実より噂話のほうが好きなのかもしれないと思ってしまうほどです。

    マスコミの横暴も目に余るものがありますが、
    日本人のマスコミに対する一方的な見方も変えていかないと、マスコミの思う壺だと思います。
    長々とすみませんでした。
    2007年09月17日 03:29

この記事へのトラックバック