ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法改正を中心軸において考えれば自民と希望の合計数を増やせばいい。

<<   作成日時 : 2017/09/26 03:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 テレビのコメンテイターの選挙予想は、希望が引き剥がした民心の議席を回復できる前提で、仮に自民が30減ったとして、もともと定数が10議席減ることも考えて、差し引きの20議席を希望と民進が分けあうというタヌキ勘定でにぎわっている。
 わたしはねえ、民進は離脱議席を回復できないどころか、もっと減らせばいいと思ってるんですよ。離脱も落選も、裏返せば、それは憲法改正勢力の増加ですからね。共産と民進の合計数のマイナスは、自民と希望のプラスですから、憲法改正への登山コースになる。
 つまり、憲法改正を中心軸において考えれば自民と希望の合計数を増やせばよくて、その配分はどっちでもいいんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法改正を中心軸において考えれば自民と希望の合計数を増やせばいい。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる