ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS "生活保守"と"民族保守"の政権交代可能な保守二党時代の到来 @

<<   作成日時 : 2017/08/25 04:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 地球規模の…人類史サイズの観点に立てばといってもいいが、東西冷戦は前世紀末に終結している。なのにちょっとだけ東アジアには生き残ったという人がいるが共産支那や北朝鮮を支配している政権はコミュニストの末裔とはいえ、その統治思想はまったくの別ものだ。
 東アジアに生き残ったというのなら、それは支那や北朝鮮の支配政権というよりは、むしろこの国の売国左翼のほうが思想的には純粋な形で保存されている。この国には京都や奈良の民族文化とともに冷戦構造と呼ぶ政治文化も保存されてきた。珍しい国だと思う。
 しかし、それも今年限りで、来月、9月1日に実施される民主党の代表選の結果にかかわらず…二人の候補のどちらが当選しようと、年末や正月には、マスコミからも国民からも民主党は忘れられた存在…社民党と見分けがつかなくなるのだろう。そして、次の総選挙では絶滅危惧種だな。
 いよいよ時代は保守二党…"生活保守"と"民族保守"の保守二党の、政権交代可能な保守二党の時代の到来…だったらいいなぁ!! とおもっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
"生活保守"と"民族保守"の政権交代可能な保守二党時代の到来 @ ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる