ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【憲法改正は頓挫】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている?

<<   作成日時 : 2017/08/13 04:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【内閣支持率回復】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている?」について

 安倍晋三に期待されている歴史的役割とは、言うまでもなく憲法改正だ。岸信介、中曽根康弘、石原慎太郎など、幾多の自民党の諸先輩が果たせなかった偉業に箸をつけるだけでもやらなければ、安倍晋三の人生はないも同然だ。
 来年の総選挙前に…衆参両院の2/3議席のある間に、憲法改正を発議して国民投票に持ち込みたい。あるいは、それができない状況になっても、任期を3年間延長して、万全の体制を築いて憲法改正に突破口を開くのが、作戦だったと思う。
 反対勢力の最大のものは海外にあって、同盟国のアメリカと仮想敵国の共産支那が共有する歴史認識…グローバルスタンダードになっている歴史認識こそが憲法擁護の最大勢力で、それにあやつられた国内の売国自虐勢力が護憲平和勢力を形成している。改憲勢力は、内も外も敵だらけの弱小グループなんだな。
 わたしが国外の話をしているさなかに、国内の売国自虐勢力が思わぬ大乱を引き起こして、状況を暗転させてしまったのが、今回の支持率急減騒動だな。憲法改正のシナリオは、一気にボツになってしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【憲法改正は頓挫】 『ポスト安倍?』がささやかれはじめている? ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる