ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷戦構造の跡地にどんな日本を造ろうか、

<<   作成日時 : 2017/01/07 05:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あけまして、おめでとうございます。」について

 いずれにしても、左翼と右翼の対立構造の時代は終わった。戦後左翼は消滅寸前で、戦後右翼との境界線が見えにくくなっている。つまり、冷戦時代の保革対立が終わろうとしているのだが、それはどちらか一方が消滅して、どちらかが生き残ったのではなく、戦後左翼が戦後保守に吸収される…あるいは両者が合体する結末だな。両者は敗戦後にアメリカから強制された戦後民主主義と呼ぶ、本来の民主主義とはまった異質の民主主義にたぶらかされた舞台の上で狂言乱舞していたわけだ。
 裏返すとこれからは、いままで見えていなかった本当の保守が見えてくるあたらしい時代のはじまりだな。わたしがここでいう"本当の保守"とは、欧米のエドマンド・バーク に代表されるそれではなく、日本には日本の保守主義がある。欧米の近代が生みだした保守主義ではなく、日本の民族文化・伝統文化・精神文化に根差した日本の保守主義が政治の主流に位置する時代の幕開けだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冷戦構造の跡地にどんな日本を造ろうか、 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる