ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【譲位・生前退位】 法治主義に頼らず、日本民族の伝統に帰ろう、

<<   作成日時 : 2016/09/12 05:55   >>

トラックバック 2 / コメント 0

【譲位・生前退位】 陛下のほうが民意を感じとっておられる。」について

 法治主義は日本の近代化がはじまった明治からだが、法文化されてない案件には歯が立たない。敗戦によって法体系は人工国家アメリカの民主主義に塗り替えられて、わずか7年間で日本に返還されたから、抜け穴だらけである。とりわけ安全保障は米軍の庇護が前提だったから、それが外れそうになれば根底から崩れる。
 もうひとつ、皇室制度は本国アメリカも未経験の分野で、占領直後までは廃止の方針が、円滑に占領を継続する必要から急遽、存続が許されたものだから、法的不備は隔しようがない。
 皇室は数千年の民族文化の中心的存在だから、いまさら"生前退位"なんて造語に頼らなくても、伝統のなかには摂政も譲位もある。伝統文化としては、どちらも、なんの支障もないのだが、法治主義では歯が立たないのだ。
 民族国家は民族主義に帰ればいいのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【譲位・生前退位】 蓮舫議員の二重国籍問題
「【譲位・生前退位】 法治主義に頼らず、日本民族の伝統に帰ろう、」について  蓮舫議員の二重国籍問題は、法律問題としては"法の不備"…これにつきる。外国人の政治参加は禁止しても、二重国籍は想定していなかった。  問題は法律問題ではない。二重国籍の可能性…というか、疑惑はすいぶん前からあった。本人も周囲も、うわさや指摘には気づきながら対応してこなかった。その理由は、彼女自身のアイデンティティーへの疑問だろう。代議士としての立場上、日本人になりきってる演技をしてるが、その演技するところが... ...続きを見る
ごあいさつ
2016/09/14 04:34
【譲位・生前退位】 西欧の近代がつくった"立憲君主制"の制度が…
「【譲位・生前退位】 法治主義に頼らず、日本民族の伝統に帰ろう、」について  譲位制度の政治利用の危険性には明治の皇室典範をつくった元老たちは気づいていた。気づいていたからこそ、それを許さない典範になっていた。平和憲法の付属文書のような戦後の典範になって、関係者は 陛下のご高齢とお仕事の増加が、いつか破断点をむかえることは予見していたと思う。  西欧の近代がつくった"立憲君主制"の制度が、この国の伝統的天皇制とは合わないところがあるのかも… ...続きを見る
ごあいさつ
2017/01/15 05:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【譲位・生前退位】 法治主義に頼らず、日本民族の伝統に帰ろう、 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる