ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【譲位】"生前退位"と呼び変える精神構造もご退位願いたい、

<<   作成日時 : 2016/08/08 11:14   >>

トラックバック 1 / コメント 0

"生前退位"は安倍政権による憲法改正を引き出す誘導戦術か? 」について

 ながい、皇室の伝統のなかには、うまくやったときも、まずかった事例もふくめて、譲位の経験は豊富にある。 陛下御自身も、側近たちも、そんなことは充分に解かっておられる。それが押しつけ憲法や皇室典範にしばられて、伝統や経験を生かせない環境のなかで苦しんでいる。法治主義を否定しようなんて、過激なことは言わないが、長い歴史をもった日本は、西欧の近代主義のような人工的なシステムに頼らなくても、経験が生みだす知恵がある事実を忘れている。
 9条平和や行き過ぎた人権や悪平等などとおなじ、占領軍に押しつけられた憲法の欠陥に苦しんでいたのは 陛下もおなじなんだなぁ、とあらためて思い知らされる。"譲位"を「生前退位」などと、新語を造語して伝統や民族文化となじまない表現も平和憲法の文章と共通していると思った。どちらも日本語表現にはなじまない翻訳表現だ。
 そう考えながら見まわしレみると、象徴天皇制と平和憲法だけではない。戦後民主主義、戦後平和主義、戦後文化、戦後文化人など、来週のゴミの日には出したほうがいいガラクタが少なくないと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【譲位・生前退位】 民族文明再建のきっかけにして、
「【譲位】"生前退位"と呼び変える精神構造もご退位願いたい、」について  去年のいまごろは安保法制の議論をしていた。法律は成立しても、共産支那の膨張は止まらず、いずれ憲法改正は必須な情勢のなかでの今年の敗戦記念日なんだが、わたしたちが憲法にばかり気に取られているときに、本当の問題点は憲法ばかりではない。もっと民族国家の根底にある問題として"象徴天皇制"があるのではないか? 天皇を象徴にしておいて民族国家としての日本が永続できるものだろうか? の話題が、憲法よりもっと基本的な疑問として浮... ...続きを見る
ごあいさつ
2016/08/13 06:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【譲位】"生前退位"と呼び変える精神構造もご退位願いたい、 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる