ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲田朋美と森本敏…二人の防衛大臣

<<   作成日時 : 2016/08/06 05:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

参院選、都知事選から見えてくる保守二党の潮流に注目」について

 稲田朋美の防衛大臣就任で、あらためて思い出すのは森本敏の防衛大臣就任だ。いまでもテレビ出演するとテロップでその経歴が流されるが、あれは自民党内閣の防衛大臣ではなく、民主党政権でひろった肩書だった。なんとも不釣り合いで無理のある光景だったと思う。
 つまり、いまでもそうだが、民主党が民進党と改名しても、防衛大臣を引き受ける代議士も、適任者も党内にはいないのだ。稲田朋美の防衛大臣をヒステリックに糾弾しながら、稲田朋美に代わる人材を自党内から推薦できない。四党連立したってこの現実は変わらないし、それは四党連立を画策している当事者も支持者もよ〜くわかっている。この現実が保守分裂してさえ都知事選で鳥越俊太郎が惨敗した原因だと思う。分裂した二人のどちらにも、大差で負けた。
 南シナ海のシーレーンの安全航行に不安が生じ、東シナ海の日本の領海に支那の人民解放軍の軍艦が侵入し、日本海のEEZに北鮮のミサイルが撃ち込まれ、拉致事件は解決の糸口さえ見つからない。こんな悲惨な現実のなかでも防衛力なんていらない。非武装中立で、お話し合いで安全を確保するから防衛大臣のなり手がない政党の稲田朋美批判が説得力をもつはずがないと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
稲田朋美と森本敏…二人の防衛大臣 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる