ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【譲位・生前退位】 陛下がもっとも恐れられていた事態なんだろうが…

<<   作成日時 : 2016/08/30 11:20   >>

トラックバック 1 / コメント 0

【譲位・生前退位】 外国の支配を脱して日本人らしい国づくりを…」について

 8月27日のテレビ朝日の番組、激論クロスファイアは『生前退位、中国・・・山積課題どうする?』と題して司会の田原総一朗と自民党・二階幹事長、インサイドライン編集長・歳川隆雄の出演だった。途中で田原だったか歳川だったか、どちらだったか忘れてしまったのだが「 陛下のおことばの最後のほうをみれば女性天皇を希望されてるのあきらかだ」という意味の発言があった。
 陛下はそんなことをおっしゃっていたかなぁ? と疑問に思い調べてみると「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ」のセンテンスに出会った。前後を勘案しても、これが女性天皇をご希望になられてるなんて、とても考えられないし、聞くほうの希望が生んだ妄想ははっきりとしている。こういう妄想の発生こそ、むしろ 陛下がもっとも懸念しておられたところだと思う。
 長年、朝日や田原が垂れ流してきた番組偏向のパターンなんだが、それに引きずられる視聴者も、また少数ながら生き残っているわけだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【譲位・生前退位】 「朝まで生テレビ」ではやっぱり…
「【譲位・生前退位】 陛下がもっとも恐れられていた事態なんだろうが…」について  でもねぇ、8月26日の"朝生"の前半では、 陛下の真意はご自身がご高齢になられて国事に差し支えられるご懸念だから、さしあたって今上陛下の特例として譲位せられて、将来の対応は時間をかけて議論しようとする意見が大半だった。反対したのは 小林よしのりと 高森明勅(神道学者)だけだったと思う。  それはそれでよかったのだが、あらかじめ時間をとってあったように、後半になると女系・女性天皇論に転嫁させていたのが、こ... ...続きを見る
ごあいさつ
2016/09/02 06:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【譲位・生前退位】 陛下がもっとも恐れられていた事態なんだろうが… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる