ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【譲位・生前退位】 歴史の浅い多民族国家の軍隊が…

<<   作成日時 : 2016/08/24 04:50   >>

トラックバック 1 / コメント 0

【譲位・生前退位】 以外にも占領意識の払しょくにつながるのかも?」について

 ながい歴史のなかには女帝もおられたし、譲位も摂政もあった。それぞれに、成功例もあったし、失敗の事例もあった。女系だけはともかく、いちがいに、譲位はいいとか摂政は悪いというわけでもない。
 摂政の制度だけがあって、譲位を禁じた憲法と皇室典範の規定の不備が、今回の問題の原因であって、その原因者がGHQの占領政策だというのもはっきりしている。そして、もうちょっと深掘りしてみると、歴史の浅い多民族国家の軍隊がながい歴史をもつ民族国家を軍事占領して、契約社会の欠陥がこんなところで露出したってことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【譲位・生前退位】 外国の支配を脱して日本人らしい国づくりを…
「【譲位・生前退位】 歴史の浅い多民族国家の軍隊が…」について  かつて"天下賦武"をかくれ蓑に武士が権力を奪ったり、"君側の奸の排除"を理由に軍閥が暴れたのとおなじように、いま"民主主義"が皇室を脅かしている。メイドインUSAの民主主義をマルクスかぶれやチャイナかぶれが悪用して押しつける。日本は片隅に隠れて逼塞状態だ。  いったい誰が譲位を言い出したのか? 譲位を「生前退位」などと、あたらしい言葉をつくった理由はなにか? 陛下がビデオメッセージを発して、おぼろげながら真意が読めたよ... ...続きを見る
ごあいさつ
2016/08/29 05:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【譲位・生前退位】 歴史の浅い多民族国家の軍隊が… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる