ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【舛添都知事辞任】 外国の真似をして政治資金規正法する必要はない、

<<   作成日時 : 2016/06/17 05:43   >>

トラックバック 1 / コメント 0

【舛添都知事辞任】 政治資金規正法を改正したいのは売国メディアの策謀」について

 民主政治のなかで、政治家の家庭生活と公務の境界は微妙である。徹底的にかくす代議士もいるし、演説会に家族を同伴したり、ある程度、公開する議員もいる。法律が支出を公開すれば使途を追求しないのは、その公開されたデータをもとに、有権者の判断を期待してるからだろう。政治家と有権者の両方の良識に期待している。
 外国では法律がきびしいという指摘は、国民性や民情を無視した意見だ。日本では情報がもたらされて、それに基づいて有権者が判断する。わたしは、これでいいと思う。むしろ、そのつなぎ役としてのメディアが機能しているか、どうかの議論が次の話題になるべきかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【都知事選】 蓮舫の出馬見送りは、2番じゃぁダメだって気づいたから…
「【舛添都知事辞任】 外国の真似をして政治資金規正法する必要はない、」について  民主党政権下の事業仕分けの「仕分け人」として活躍した蓮舫議員は次世代スーパーコンピュータ開発の予算削減を策謀して「2位じゃダメなんでしょうか?」の発言は彼女の知識不足を露呈して話題になった。今回は知事選は1番でなければダメ。2番じゃダメなことに気づいて降りたらしい。  自民も新進も地方を軽視すぎなのが人材不足の理由かもしれない。失敗したが、石原慎太郎は後継者を育てていた。経営者なら、リーダーの第一の責... ...続きを見る
ごあいさつ
2016/06/19 04:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【舛添都知事辞任】 外国の真似をして政治資金規正法する必要はない、 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる