ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 舛添都知事失脚、橋下徹という最適任者が遊んでいるのだが…

<<   作成日時 : 2016/05/15 04:51   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 中欧政界で首相を目指したタレントが、夢破れてたどり着く第二の人生が都知事だった。どこか政権からは冷たくあしらわれているイメージがある。そこが石原慎太郎と舛添要一の共通したイメージにみえる。
 で、、心配になるのは、猪瀬直樹、舛添要一とつづいたスキャンダルの反動で、また革新都政が生まれる懸念だな。美濃部亮吉や青島幸男にはろくな記憶がない。10年単位の停滞のなかでマンモス都政がゆでガエルたちの巨大な汚水槽になる心配だ。
 橋下徹という最適任者が遊んでいるのだが…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ポスト舛添」…なんとしても革新都政に戻るのだけは…
「舛添都知事失脚、橋下徹という最適任者が遊んでいるのだが…」について  なんとしても避けたいのは"革新都政"だな。美濃部亮吉、青島幸雄は空き缶、ハトポッポ、イチロー、どじょーのイメージが強烈でかすんでしまったが、実現した戦後左翼政権下の庶民の不幸は二代続いた都政の汚職知事とは比べものにならないほどの極悪政治体制だった。そんな古い話を持ち出さなくても、沖縄の翁長雄志県政については、辺野古移転反対運動以外にはなにも報道されていないが、反米・反安倍県政の裏側では報道されない龍柱建設、支那の文... ...続きを見る
ごあいさつ
2016/06/08 05:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
舛添都知事失脚、橋下徹という最適任者が遊んでいるのだが… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる