ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 降板・交代劇が相次ぐテレビの改編 番組

<<   作成日時 : 2016/05/20 06:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 日本のマスコミやメディアへの強い風当たりは、安倍自民党の右傾化体質が理由ではない。戦前の軍国主義追随からはじまり、敗戦後には180度急転してGHQの占領政策の走り使いになり、さらに旧ソ連や共産支那の宣伝機関になってきた無節操ぶりに視聴者は飽き飽きしている。
 そのあいだに、かれらが報道したり主張したもののなかの数えきれないほどの虚言、虚報、誤報、偏向報道、でっち上げ、やらせ…それがバレたあとの対応は、いまさら説明する必要もないだろう。
 いまさら「テレビ報道が息苦しくなっている〜一マスコミ人からの提言」なんて金平 茂紀の泣き言は自民党政権がテレビ司会者を追放してるのではなく、報道機関に見放された“トカゲのしっぽ切り”なんだよ。入れ代わって登板した連中の顔ぶれをみても、カレーライスとライスカレーほどのちがいもありはしない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
降板・交代劇が相次ぐテレビの改編 番組 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる