ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとは家族のなかに埋没している時間がもっとも安心できて幸福を感じる。

<<   作成日時 : 2016/03/24 06:27   >>

トラックバック 1 / コメント 0

いまもむかしも女性を家庭から引きはがして、低賃金で働かせるのは官僚機構だ。」について

 反対にもっとも自然で、安定した組織が家族だ。ひとは家族のなかに埋没している時間がもっとも安心できて幸福を感じる。とりわけ日本人は建国神話の時代から、それを知っていて、家族のような国家を理想として、疑似家族国家をつくってきた。
 この疑似家族国家の理念こそが、日本と日本以外の外国を分けている。日本人の民族性であり、神道が民族宗教であり、なにか組織をつくるとき、いつも家族を模した組織をつくる。
 現在の政治は、労働政策にしても、福祉政策にしても、文教政策にしても、この家庭の役割を国家や官僚組織が奪い取る不自然な政治になっている。端的な実例が女性の社会進出だな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
労働をなんだと思うのか?
「ひとは家族のなかに埋没している時間がもっとも安心できて幸福を感じる。」について  幸いにして時代はロボット時代を迎えて、国内の労働力の49%はロボットに置き換えられる時代を迎えようとしている。そのうえ、高齢化社会は多大な老人の労働力を持て余している。60歳定年は65歳、70歳、75歳と後ろ送りされるだろうし、されなくても老人たちは仕事を見つけるだろう。この労働力過剰現象をピンチととらえるか、チャンスにできるのかが政策選択の分かれ道だろう。  悲観者は仕事が減って賃金が低下し、女性ま... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2016/03/25 06:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひとは家族のなかに埋没している時間がもっとも安心できて幸福を感じる。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる