ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS いまもむかしも女性を家庭から引きはがして、低賃金で働かせるのは官僚機構だ。

<<   作成日時 : 2016/03/22 09:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ジャーナリズムをあやつる政治勢力」について

 いまもむかしも女性を家庭から引きはがして、低賃金で働かせようとする政策の推進力は官僚機構だ。支配政権がファシズムだろうがコミュニズムだろうがデモクラシーだろうが、その権力を陰であやつり実質的に政治をコントロールしてきたのは官僚機構だ。かれらが失敗した経済政策を埋め合わせするために、女性を引っ張り出してきて低賃金で酷使する。
 革命で政治体制が変わると権力者の交代が起きるのだが、一掃されて入れ変わった権力構造のなかに生まれる官僚組織だけは、いつも、元のものとおなじ官僚機構が再構築される。よく民主主義は最低の政治システムだが、ほかにこれ以上に良いシステムは見つからないといわれるが、それは民主主義もほかの政治体制も、結局は官僚機構にからめとられて腐敗する現実を模写した表現なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ひとは家族のなかに埋没している時間がもっとも安心できて幸福を感じる。
「いまもむかしも女性を家庭から引きはがして、低賃金で働かせるのは官僚機構だ。」について  反対にもっとも自然で、安定した組織が家族だ。ひとは家族のなかに埋没している時間がもっとも安心できて幸福を感じる。とりわけ日本人は建国神話の時代から、それを知っていて、家族のような国家を理想として、疑似家族国家をつくってきた。  この疑似家族国家の理念こそが、日本と日本以外の外国を分けている。日本人の民族性であり、神道が民族宗教であり、なにか組織をつくるとき、いつも家族を模した組織をつくる。  ... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2016/03/24 06:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いまもむかしも女性を家庭から引きはがして、低賃金で働かせるのは官僚機構だ。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる