ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 支那・朝鮮と在日日本人のマッチポンプの構造

<<   作成日時 : 2016/02/06 04:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

地球は冷戦を終え、文明の衝突の真っただ中にあるのに」について

 とはいえ、支那の共産党も北鮮の労働党も、昔のコミュニズム政権ではない。時代錯誤の…というか、時代錯誤かどうかも、いまの日本では議論の余地がないわけではないのだが、その独裁のエネルギーを反日の歴史認識と呼ぶストローを日本に突き刺して吸い取っている。その意味では韓国もおなじだな。
 支那と朝鮮は日本への憎しみを独裁政権維持のエネルギーに変えて存続している。それはそれでいい。しょせん他人事であって、日本が知ったことではないともいえる。これが他人事ではなくなるのは、その反日に呼応して、日本国内に反日勢力がはびこってることだ。冷戦期の反日左翼が、支那と朝鮮にストローを突き刺して反日のエネルギーを吸いよせている。支那・朝鮮と在日日本人のマッチポンプの構造だな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
支那・朝鮮と在日日本人のマッチポンプの構造 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる