ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍政権に交錯する「二つの政治」 2016年政治決戦の行方は?

<<   作成日時 : 2016/01/02 17:54   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 ★阿修羅♪の『安倍政権に交錯する「二つの政治」 2016年政治決戦の行方は?』
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/112.html
へのコメントを転載する。

 内山融は『安倍政権に交錯する二つの政治』と呼んで『20世紀後半の主流だった従来の政治』と『21世紀に入ってから目立ってきた新しい政治』に分類して、従来の政治とは「農協や医師会、後援会、労働組合などといった各種団体」といっているが、ひとつ重要な勢力を書き落としている。
 それは“官僚”と呼ぶ実力勢力だ。官僚は農協や医師会、後援会、労働組合などといった各種団体と並ぶ実力団体でもあり、それらを規制したり指導する組織でもある。「20世紀後半の主流だった従来の政治」は各種団体と与野党の政治家グループと、それをつなぐパイプ役としての官僚によって牛耳られていた政治だったと思う。
 野党と与党のふたつの政治グループがあって、その傘下の各種団体が支えていたのだが、その間の調整役や接着剤の役目を果たしていたのが霞が関の官僚組織だったと思う。それが、野党が野党としての機能と政策をもたなくなって、官僚組織の存在意義が低下している。
 政策ビジョンのはっきりした維新は『21世紀に入ってから目立ってきた新しい政治』なんだが、政党のメンバーが自前のビジョンや政策をもつと霞が関の官僚は存在意義を失う。それを丸投げしていた「従来の政治」だったから官僚の必要性と存在意義があったのだが「新しい政治」のもとでは官僚は権力から遠ざかる。
 つまり『安倍政権に交錯する二つの政治』とは「新しい政治 Vs 官僚組織」の構図で、それが最近数年の大阪の地方政治のドラマだったのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
冷戦期の東側のプロパガンダの被害からたちなおれない現実を…
「安倍政権に交錯する「二つの政治」 2016年政治決戦の行方は?」について  よく「世界中で消滅した東西冷戦が、東アジアには残った」という人がいる。支那の共産党政権と北鮮の金王朝だけをイメージして、それに賛成する日本人も多い。お人よしの日本人は、もうひとつ、自国内に残った左翼勢力…ときには社会主義と呼ばれたり、旧社会党と呼ばれたり、護憲派と呼ばれたり、平和勢力と呼ばれる政治勢力の影響が、色濃く残ってる祖国の状況、この状況こそが焼け残った冷戦構造だという事実を認識していない。冷戦期の東側のプ... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2016/01/03 03:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍政権に交錯する「二つの政治」 2016年政治決戦の行方は? ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる