ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍晋三の独裁者のイメージは、かれ自身がつくったり求めたものではなく、

<<   作成日時 : 2016/01/02 16:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 安倍晋三の独裁者のイメージは、かれ自身がつくったり求めたものではなく、競合すべきライバルの不在がつくったものだな。弱すぎてライバルになれなかった悔しさが生んだ悪口だ。
 野党議員にしろ、党内反主流派にしろ、陰口しかきけない現実がある。ホントに国民を納得させる政策があるなら、堂々と討論すべきなんだが、机上の空論、砂上の楼閣ばかりで、議論の対象にならないから負け犬の遠吠えになる。
 安保論議の憲法違反論が、その典型で「平和憲法を守って、戦争に巻き込まれないか」の疑問に答えた反対派はいなかった。9条平和と心中する愚論をネットもメディアも押し隠していたが、多くの国民はわかっていたのだと思う。
 国民の「声なき声」は、聞こえる人には聞こえているのだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍晋三の独裁者のイメージは、かれ自身がつくったり求めたものではなく、 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる