ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘利大臣の収賄事件は、不祥事と呼ぶよりは、ひっかけられた事件の印象が強い。

<<   作成日時 : 2016/01/31 04:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 甘利大臣の収賄事件を
@ 安倍政権の対応
A メディアの報道姿勢
B 野党の追及姿勢
のみっつの方向に分解してながめてみると、それぞれのこの事件への対応とか、なにを目的に発言してるのかとか、真相のわかる部分と、わからない部分とかが見えてくる。
 全体像が明確になるには、まだ、相当長い時間がかかるだろうし、もしかすると永久にわからないのかもしれないが、現時点では、不祥事と呼ぶよりは、ひっかけられた事件の印象が強い。したがって、内閣や自民党の支持率にも、さして影響はないだろうと思うのだが、どうだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【甘利大臣の収賄事件】メディアの怠慢を指摘するメディアはない、ネットでも…
「甘利大臣の収賄事件は、不祥事と呼ぶよりは、ひっかけられた事件の印象が強い。」について  週刊誌ですっぱ抜かれてから、一週間の時間をおいてからの甘利側の説明と辞任であったにもかかわらず、その時間を文春以外のメディアが有効に利用したり、ニュースを深堀することはなかった。  たとえば甘利事務所の映像は流れるのに、2億円の補償の対象になった土地や薩摩興業の社屋の映像は出てこない。告発者の総務担当者は雲隠れして、それを探してる形跡もないし、その人物像を探りもしていない。  むしろ、その情報... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2016/01/31 04:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘利大臣の収賄事件は、不祥事と呼ぶよりは、ひっかけられた事件の印象が強い。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる