ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平気でウソをつく日本人は支那人や朝鮮人と見境がつかなくなってしまった。

<<   作成日時 : 2015/10/21 05:32   >>

トラックバック 0 / コメント 1

 子どものころに、おばぁちゃんから教わった「だれも見ていないところでも悪いことしてはいけない、だれも見ていなくてもおテントウさまがみている。なにより自分がみているから、ひとが見ていないところでも悪いことはしない」という、日本人の心が失われている。
 自分で自分を律する、自律心は日本人の特質だった。それはおばぁちゃんから教わって、社会の指導層だけではなく、庶民の職人や商人や農民や主婦や子供にまで染みわたっている民族性だった。支那人観光客の爆買いだって、おなじ商品は日本から支那に輸出されているんだが、支那の店頭にならんだ商品は信用できない。日本のデパートなら信用できる。それが日本の“売り”のはずだった。
 職人はものづくりに精魂を傾ける。見えないところでも手を抜かない。100年後にオーバーホールをした後輩が先輩の仕事に感動するのは、日本ではありふれていて、ニュースにはならない。そういう職人気質が日本人社会をささえていたはずだった。
 姉歯の耐震強度偽装事件につづく横浜のマンション手抜き工事は、日本人社会の崩壊を印象づける。平気でウソをつく日本人は支那人や朝鮮人と見境がつかなくなってしまった。人が見ていないところでは、平気で悪事を働く日本人が増えているのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
戦後の新左翼を代表する朝日日経グループとイギリスBBC提携NHKは共通データベース。
大卒後、原子力放射能云々嘘ばっかりに呆れたものですが、
1997年小なりとはいえ核保有国の王さんが、豪州観光地でクレイリサーチのソフトウェア屋さん達卅何人か射殺/日本育ち、
80年代には誤り訂正符号運用で事故率は減ら無いよのマスコミ世論作りでした。
日本国内でも、皇太子時代にかなりの死人をとって阿片戦争?醍醐寺電算化etc‥
1999年7の月に全て時効にしても、
カブール制圧アフガニスタン北部地震後、
冗長度の多い誤り訂正符号多用でxp以前のプログラム命令万分の1圧縮達成?
アナログデジタル直線量子か16ビット基本のPCM24風情から、
デジタルモバイル1973モトローラ/IBM依頼8ビット1バイト刻みマルチタスクの祟り?
不便の押し売り。

1980穴彫りエッチのメガビットメモリ開発の昔からひび割れマイグレーションによる絶縁低下は大問題、法藏菩薩他力本願‥あっさり韓国に追い抜かれた地震大国

成人病の細胞分裂抑制剤有機塩素農薬中毒の後継江戸以来の夏の風物詩利用は、十代に死人多数/気違いに付ける薬はない副交感神経毒に、検定教科書は、
農家の転職先:あの世!
とは書いてない。
毎度ピレスロイド中毒の妄想
2015/10/22 07:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
平気でウソをつく日本人は支那人や朝鮮人と見境がつかなくなってしまった。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる