ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 首相官邸のリーダーシップばかりが目立ち、各省庁と議会の存在感がかすむのは…

<<   作成日時 : 2015/10/13 04:36   >>

トラックバック 1 / コメント 0

加藤 勝信新大臣、実質的には二人目の官房長官ではないのだろうか。」について

 小選挙区制の欠陥を理由に中選挙区制にもどろうとする意見が散見されるが、その主張者たちの口から中選挙区の欠陥は出てこない。なぜ中選挙区が廃されて、小選挙区ができたのか、その理由を忘れた議論は無益だと思う。
 もうひとつ、首相官邸のリーダーシップばかりが目立ち、各省庁と議会の存在感がかすむのは官僚と議員の質の低下が原因であって、安倍さんという有能なトップに対するやっかみにすぎない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政党が数合わせの道具に堕落して、政党独自の政策さえもまとめられない現実がある。
「首相官邸のリーダーシップばかりが目立ち、各省庁と議会の存在感がかすむのは…」について  政党が数合わせの道具に堕落して、政党独自の政策さえもまとめられない現実がある。今回の安保法制でも、民主党は院内で労組の賃上げ闘争とおなじようにプラカードをもち込んだり、女性議員にピンクの鉢巻をしめさせたり、議事堂前の広場と議会の垣根を取り払った狂乱を演じながら、まともに対案は出せなかった。出したら、党内が蜂の巣をつついた状態になるし、もともとそんなものはなかったから、政策は話題にできない。そんなな... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/10/13 05:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首相官邸のリーダーシップばかりが目立ち、各省庁と議会の存在感がかすむのは… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる