ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS アメポチ保守と売国サヨクの分割統治の仕組みは、冷戦後もたいした変化はなかった。

<<   作成日時 : 2015/08/01 18:05   >>

トラックバック 1 / コメント 0

売国サヨクとアメポチ保守の55年体制は、ちっともこわれてはいなかった」について

 つまりアメポチ保守と売国サヨクの分割統治の仕組みは、冷戦時代も冷戦後もたいした変化はなかった。日本の半分はアメリカの言いなりの自民党と、残りの半分は旧ソ連から共産支那に乗りかえた売国サヨクに支配されたままだった。55年体制の崩壊から四半世紀も経て、真正保守としての安倍政権ができたといっても、太平洋に落ちた枯れ葉のようなもので、すぐに波間に消えてしまう運命かもしれない。
 じっさい安保法制の法的安定性が議論されれば、平和憲法では日本を守れない現実などは野党はもちろん、与党議員の口にも上らない。民主党や自民党の議員にとって、祖国の安全保障なんて、まったく関心はない。日本列島に日本の運命を憂える日本人はいなくなった。日本人全体が在日日本人になってしまっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本の平和主義を空念仏の平和主義で終わらせないで、人類史に書き残されるような…
「アメポチ保守と売国サヨクの分割統治の仕組みは、冷戦後もたいした変化はなかった。」について  議論すればするほど安保法案の憲法違反はあらわになるが、同時にそれは、平和憲法で平和は守れない事実に気づく日本人の増加につながるか、どうかの問題でもある。  北方領土、竹島、尖閣、拉致事件、基地被害と、憲法では解決しなかった被害はすくなくないのだが、敗戦の日、お盆とつづくこの季節、平和主義の空念仏では解決できない、戦後平和主義が放置してきた課題と、真摯に、現実的に対峙する8月にする時代になって... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/08/02 04:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメポチ保守と売国サヨクの分割統治の仕組みは、冷戦後もたいした変化はなかった。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる