ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦後70年、国会では700匹の代議士が日本を支那に転売しようとたくらんでいる。

<<   作成日時 : 2015/08/26 06:12   >>

トラックバック 2 / コメント 0

どちらも売国だな。戦後70年「売り家と唐様で書く三代目」の時代なのだ。」について

 この国は天皇の私的所有物だ。人獣鳥魚、山川草木、昼夜朝晩、森羅万象すべて天皇の私物だ。孫悟空が仏さんの手のひらの上で暴れまわっていたように、戦後民主主義が天皇の手のひらのうえで遊んでいる。そういう国だ。
 戦争に負けてマッカーサーが天皇から日本を奪いとった。しばらく遊んでいたが、飽きて放りだしたとき、戦後民主主義がそれをひろった。日本の所有権はマッカーサーなのか、天皇なのか、はっきりさせないで、国民が主権者だなんてのが戦後民主主義の遊びのルールだったが、その国民が、この遊びに飽きてゲーム機を共産支那に売却しようとしている。
 民主党や共産党や社民党のことではない。自民党内だって、維新だって、大多数は売国勢力だ。いま「もとをたどればこの国は天皇の私有物だ。国民や代議士や政党に、日本を支那に売り飛ばす権利なんかありはしない」という、原則論に立ち返る代議士はいない。うまく立ち回ってリベートをせしめようとするばかりだ。
 戦後70年、国会では700匹の代議士が日本を支那に転売しようとたくらんでいる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
007は国家安全保障局の007ではない。“女王陛下の007”なのだ。
「戦後70年、国会では700匹の代議士が日本を支那に転売しようとたくらんでいる。」について  007は国家安全保障局の007ではない。“女王陛下の007”なのだ。情報は政治権力の専有物ではなく、主権者の…あるいは国家元首のもとで管理されるべきものなのだ。谷内 正太郎国家安全保障局長とは、その立場はおおきく違う。  野党でさえも、英国議会の野党は“女王陛下の野党”であって、日本の野党のように“共産支那の民主党”や“北鮮のための社民党”ではない。意見はちがっても与党とおなじ愛国者だと信じ... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/08/27 05:51
"譲位"という日本語があるのに"生前退位"と言い変える理由はなんだろう?
「北鮮の拉致事件被害者は天皇や皇族から無視されつづけている。」について  この話題については例年、戦没者慰霊際にご出席なされながら北鮮の拉致事件には無関心な皇室について書き綴ったのが、ちょうど一年前のいまごろだった。話題は『戦後70年、国会では700匹の代議士が日本を支那に転売しようとたくらんでいる』 http://bugswebblog.at.webry.info/201508/article_45.html を結論として終結していたが、このたび、7月13日夜、突如NHKが報じた... ...続きを見る
ごあいさつ
2016/07/18 04:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦後70年、国会では700匹の代議士が日本を支那に転売しようとたくらんでいる。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる