ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党内にゾルゲが入り込んでるんじゃぁないか?

<<   作成日時 : 2015/08/12 05:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自民党内にゾルゲが入り込んでるんじゃぁないか? 」について

 防衛省内部資料めぐり紛糾し、参院平和安全法制特別委員会は予定されていた野党の質疑を行わないまま散会を宣言した。いきさつについては、あちこちでとりあげられるのだろうが、資料が漏れた経緯には注意する必要がある。
 ひとつは届いたさきが共産党だった事実。いまさら言うまでもないが、共産党や社民党や民主党は日本の公党ではあるが愛国心はない。ウラで外国勢力と繋がってるのは、むしろ公然の秘密といっていい。こんなところに資料が流れた事実は注意する必要がある。
 さらに言えば、忠誠心が疑われるのは、野党にかぎらない。与党公明党や自民党内にも、特定アジアや同盟国アメリカに過剰なシンパシーをもってる代議士はすくない。あるいは“安倍さん下ろし”を画策し、つぎの政権が目的のチクリの疑念もゼロではない。永田町の安保感覚なんて、そんなものだと思う。
 そして懸念は永田町にかぎらない。流出元が防衛省なら、犯人は職員である可能性がたかい。防衛省はトップの政治家と現場の自衛隊員の中間管理職としての事務方がおり、この役人グループに感覚が疑わしいのがすくなくない。そこで思い出すのはテレビでよく見かける柳澤協二という人物だ。あんなのがまぎれ込んでいて、流した疑念なんだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党内にゾルゲが入り込んでるんじゃぁないか? ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる