ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦後70年談話 原案にお詫びなど明記

<<   作成日時 : 2015/08/10 11:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

70年談話が発表される前にキーワードを洗いなおしておくのも面白いかもしれない。」について

 今朝のニュースでは、けっきょく安倍さんはすべてのキーワード満載の70年談話で落ち着いたようだ。つまり談話の主要部に『「国策を誤り」「植民地支配と侵略」したことについて「痛切な反省」と「心からのおわび」をいたします』との意味を込めるということだ。首相自身は「今まで重ねてきた文言を使うかどうかではなく、安倍政権としてどう考えているのかという観点から談話を出したい」というが、満載文章と安倍さんの信条が同一文章のなかで矛盾なく同居できるとしたら、わたしは安倍さんを誤解していたことになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【国策を誤り】「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」
「戦後70年談話 原案にお詫びなど明記」について  話題のキーワードはすべて、その具体的内容はもちろん、時間的特定や、主語があいまいで、いったいどこからどこまでを反省し、お詫びするのか、まったくわからない。思い出すのは、広島の原爆死没者慰霊碑の碑文、「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」で、国民の過半の理解を得ようとすれば、こういうあいまいな文章でなければならず、それがまた議論を紛糾させて、むしろその紛糾が慰霊碑や談話の目的ではなかったかと…  で、、この「国策を誤り」の... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/08/10 11:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦後70年談話 原案にお詫びなど明記 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる