ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年のいま現在、自衛隊と自衛権を公式に全否定するサヨクはいない?

<<   作成日時 : 2015/06/26 05:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 安倍政権の安全保障政策の強化によって、否応なくサヨク連中もこの論争に引きずり込まれているんだが、あるとき突然気づいたのは、それがいつの間にか、かれらが自衛隊や自衛権を容認していた事実だ。
 60年安保、70年安保、あさま山荘事件のころ、共産党も社会党も自衛隊や自衛権を全否定していたと思う。それどころか、民主党の三バカ時代だって、官房長官だった仙谷由人が自衛隊は「暴力装置」と発言して、物議をかもした。
 先日、TBSの時事放談に出てきたかれは、もちろん内心、真実のところでは、いまでも全否定だろうが、口先では自衛隊も自衛権も容認していた。そういえば、民主党って、結党以来ずうっと全党一致して自衛隊や自衛権を容認してたのだろうか? たとえば辻本清美は社民党から民主党に移籍したんだが、そのとき彼女の信条と民主党の防衛政策は一致していたのだろうか?
 そう考えながら、いま話題の安保法制論議のなかで、民主党は批判ばかりで対案を出せないのは、党内でこの問題が未解決だからだろうが、このタテマエとホンネの使い分け、党と議員個人の使い分けを時系列を追って整理できてるんだろうかとおもった。
 はっきりしてるのは、2015年のいま現在、自衛隊と自衛権を公式に全否定するサヨクはいないことかなぁ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年のいま現在、自衛隊と自衛権を公式に全否定するサヨクはいない? ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる