ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 9条平和のスポンサーをアメリカから共産支那に変更すれば、非武装平和が永続すると…

<<   作成日時 : 2015/06/13 04:41   >>

トラックバック 1 / コメント 0

…だとしたら、人類史は修正されるべきものだと、わたしは思う。」について

 ハンチントンの文明の対立は現在の「白人キリスト教徒の帝国主義」「中東のムスリム」「支那の大中華思想」の3軸構造によって、その予想の的確が証明されている。人類は、このみっつの相克に押しつぶされて、第三次世界大戦の予感におびえている。
 冷戦をアメリカの保護国として、親鳥のフトコロのような平和憲法に守られてぬくぬくと過ごしてきた日本は、衰退するアメリカが親鳥としての役割をどこまで果たしてくれるものかと心配している。
 9条平和のスポンサーをアメリカから共産支那に変更すれば、非武装平和が永続すると売国者たちは考えている。おなじ思考回路の持ち主たちが、どんな運命をたどったのかは、歴史年表がおしえてくれるのだが、かれらは歴史を修正しようとはせず、おなじ悲劇をくりかえそうとしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
むかし黒船が東京湾の測量をして日本中がわきかえった。いま支那公船が尖閣の測量を…
「9条平和のスポンサーをアメリカから共産支那に変更すれば、非武装平和が永続すると…」について  6月13日、NHKラジオのニュースで支那公船がロープを引いて尖閣近海を測量してると、簡単に報じた。続報があるかと注意してたが、NHKも、民放も、新聞も沈黙したままだった。支那公船の尖閣侵犯は日常化して、ニュースにはならない。支那共産党政権のもくろみが、みごとに成功している最近の日本だ。  むかし黒船が東京湾の測量をして日本中がわきかえった。いま支那公船が尖閣の測量をしても、だれも気にもしな... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/06/15 04:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9条平和のスポンサーをアメリカから共産支那に変更すれば、非武装平和が永続すると… ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる