ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育て給付金、減額されて3千円の恩恵は、だれが受けとるのか?

<<   作成日時 : 2015/04/11 09:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 知らない人の多いと思うが…じつは、わたしも知らなかったのだが、児童手当てとは中学卒業まで子ども一人につき毎月1万円〜15,000円もらえる制度で、それとは別に、子育て給付金は消費税増税のために家計を助ける意味で子ども一人につき1回限り1万円もらえるものらしい。それが今年度は減額され子供一人につき1回限り3000円の予定になってしまった。
 ここからは、この制度とともに、この減額にともなう実務を担当する地方公務員がこぼしたボヤキだが、1万年でも3千円でも、行政の手間暇はおなじことで、いわばコストパフォーマンスは劣化する。いったい3千円が生活におよぼす効果はどんなものだろう。
 わたしが、公務員のヒマつぶしじゃぁないの? と茶化すと、本気で怒っていた。

 安倍政権内部にも無駄な公共投資を主張する田中角栄や小沢一郎の縮小コピーがさわがしいが、官僚にまかせた行政は、とどのつまりこうなるという実例だな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子育て給付金、減額されて3千円の恩恵は、だれが受けとるのか?  ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる