ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 支那の本質は暴力団だ。おそらくAIIBにたよった途上国の将来はサラ金地獄だろう

<<   作成日時 : 2015/04/24 05:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【TBS・報道特集】どう考えたって、この結論はおかしいだろう」について

 銀行と高利貸しはちがう。高利貸しは消費者金融、サラ金だったり、むかしは質屋だったが、たまに事業資金を融通することがあっても、経営内容にまではタッチしない。
 共産支那がつくるAIIBは、たとえればこの生活金融みたいなものだな。それに対して、開発途上国が求めているのはインフラだ。資金や建設技術だけではなく、ノウハウやアフターケアまでもをふくめた広範なサポートがなければ、インフラ投資は借金と廃墟を残すだけの結果がミエミエだよ。
 生活金融が手を出したものの破綻を前提にしてるのに対して銀行は貸付先の盛業に協力してくれる。資材の購入先や製品の販売顧客を紹介してくれたりする。日本がこれまでやってきた開発国支援は、この銀行のようなスタンスだから、共産支那のAIIBとはちがうのだ。
 支那の本質は暴力団だ。おそらくAIIBにたよった途上国の将来はサラ金地獄だろう。日本は、日本のやりかたで、これからも東南アジアの発展につくせばいい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
支那の本質は暴力団だ。おそらくAIIBにたよった途上国の将来はサラ金地獄だろう ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる