ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【拉致事件】憲法9条を無視して、武力解決に踏み出すべきだと思う。

<<   作成日時 : 2015/04/04 11:13   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 第二次安倍内閣が発足して、北鮮が再調査を約束して、事件は解決の方向に動きだしたかの、明るい希望の一、二年だったが、事態はここにきて暗転してどん底に突き落とされてしまった。いまさら北鮮批判をくりかえそうとは思わないし、むしろだまされた安倍総理の能力を疑いはじめている。被害者家族が信じて、たよってきた中山恭子をはじめとする与野党議員に対しても、まさか被害者をだましてきたとは思わないが、どんな見通しをもっていたのか、その能力に疑問を感じている。だれ一人として自責を告発しないのももどかしい。
 もはや平和的な解決は絶望をとおり越している。武力解決しか方法はないし、それが常識だろう。最大の阻害要因は憲法第9条だ。武力を背景にできない外交の限界が、これほど明確になりながら、それを率直に表明しない政治家、マスコミ、学者、外交官の不誠実さは最悪だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【拉致事件】やっと、かれらも、ここまでは理解しはじめた、
「【拉致事件】憲法9条を無視して、武力解決に踏み出すべきだと思う。」について https://www.youtube.com/watch?v=eA2HqEo6NkI ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2015/06/08 16:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【拉致事件】憲法9条を無視して、武力解決に踏み出すべきだと思う。 ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる