ごあいさつ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【楽しい新刊図書紹介】インチキ歴史の広め方・従軍慰安婦と富田メモ

<<   作成日時 : 2015/01/26 06:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 先日市内の図書館で目についた『熱風の日本史』という書名だけで借りてきた一冊の本…読みはじめてすすぐサヨク本とわかり読むのをやめてしまったが著者の井上亮という人物がどんな人なのかと奥付をみてみて、あの富田メモを世間に売り出した日経記者だと書いてあった。なるほど、こんな男だったのかと、妙に納得した次第だ。
 突然、飛び出して世間を騒がせ、昭和天皇のご意思はA級戦犯合祀反対だったとのイメージを定着させるとさっさと隠して沈黙してしまった富田メモの、そのイメージだけがひとり歩きして、いまでも悪影響をあたえている。その火つけ役がこの井上亮だったわけだが、かれ自身が、こんな歴史観の持ち主だったことがわかり、あの事件の真相と、富田メモの欠落した信憑性の理由がわかる書籍になっている。
 朝日新聞の植村 隆とおなじ、ねつ造記者だな。資料の隠ぺい工作も共通している。こんなインチキ史に、公共の図書館が全国ネットで協力している構造も垣間見えて、楽しい新刊図書紹介だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【楽しい新刊図書紹介】インチキ歴史の広め方・従軍慰安婦と富田メモ ごあいさつ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる